RACE REPORT

2015 Rd5 SUZUKA

8.29-30 / 鈴鹿サーキット


report report

鈴鹿

結果は12位でした。予選はミスもありましたが6位とまずまず。決勝ではウェット路面でのパフォーマンスが高くペースが良かったためセカンドスティントが終わる頃には4位となり、SCが入る直前にピットに入ったことで一時トップを走ることができました。しかし実はスタート直後からストレートスピードが伸びておらず、SCがあけて完全ドライでは全くペースが上がりませんでした。また路温が低かった事でタイヤのパフォーマンスを十分に発揮することができなかったこともペースが上がらない理由でした。雨が降り続けていたら。気温が高かったら。そんなことも思いますが、1000キロを接触もなくマシンを無事にゴールさせた。その中で攻めるときは攻め、しっかり走りきった。それだけで十分じゃないでしょうか。やれることはしっかりやったと胸を張れるレースでした。そうやって頑張ればまた勝つこともあると思います。それがいつになるかはわかりませんが只々頑張るだけ。勝ったとしても負けたとしても頑張るだけです。それは変わらない。今回は結果を出すことは出来ませんでしたが必ずまたよい結果を報告できる日が来ると思います。それまで応援よろしくお願いします。今回も沢山の応援ありがとうございました!

Team Report

雨は殆ど降っていなかったが、午前中の雨が路面を濡らしていて、スタートはウェットコンディションとなった。 スタートした小林は雨が降っていないものの、前車が跳ね上げる水しぶきで前方が全く見えないと無線で伝えてきた。1周目は8番手でストレートに戻ってきたが、ペースが安定し始めた8周目には7番手までポジションを回復する。23周目には6番手までポジションを回復したものの、フロントタイヤのグリップが落ちてきたようだ。29周目には雨が降り始めたが、各車がルーティンのピットインを始めたので、高木に交代する31周目までに3番手までポジションを上げる事に成功した。高木は13番手でコースに復帰し、43周目には4番手までポジションを上げる。57周目にルーティンのピットインを行い、小林にバトンタッチ。ドライタイヤに履き替え、戦列に復帰したが、他車のクラッシュにより、セーフティーカーが導入された。リスタートが切られた63周目には2番手に浮上し、トップの車のペナルティもあり、67周目には何とトップに踊り出る事が出来た。72kgのウェイトを積んでいるARTA CR-Z GTは、今回のレースは非常に難しい戦いになると考えていたが、このようなコンディションが他車との差を縮めてくれたようだ。しかし、68周目に小林はコースアウトをしてしまう。路面にオイルが出ていたようで、他の車も次々とコースアウトしてしまい、2回目のセーフティーカーが導入された。オイル処理が終わり、74周目にリスタートが切られたが、この時には既にコースは乾ききっており、ARTA CR-Z GTにとっては厳しいコンディションに変化していた。高木に代わる88周目までには10番手までポジションを落としてしまっていた。高木がコースに復帰した時は12番手。懸命に車を走らせたが、なかなかペースが上がらず、ポジションをキープしたまま119周目に小林に交代。13番手でコースに復帰し、小林は何とかポイント圏内まで車を運ぼうとプッシュし続けた。ポジションをひとつ上げる事に成功したが、2回のセーフティーカー導入の影響でタイムレースとなってしまい、時間切れでポイント獲得は出来なかった。しかし、ウェイトを72kgも積んだレースで途中トップを走る事は想像もしていなかったので、次回のレースも上位争いが期待出来る内容の濃いレースとなった。

image1

GT開幕戦

結果は12位でした。予選はミスもありましたが6位とまずまず。決勝ではウェット路面でのパフォーマンスが高くペースが良かったためセカンドスティントが終わる頃には4位となり、SCが入る直前にピットに入ったことで一時トップを走ることができました。しかし実はスタート直後からストレートスピードが伸びておらず、SCがあけて完全ドライでは全くペースが上がりませんでした。また路温が低かった事でタイヤのパフォーマンスを十分に発揮することができなかったこともペースが上がらない理由でした。雨が降り続けていたら。気温が高かったら。そんなことも思いますが、1000キロを接触もなくマシンを無事にゴールさせた。その中で攻めるときは攻め、しっかり走りきった。

それだけで十分じゃないでしょうか。やれることはしっかりやったと胸を張れるレースでした。そうやって頑張ればまた勝つこともあると思います。それがいつになるかはわかりませんが只々頑張るだけ。勝ったとしても負けたとしても頑張るだけです。それは変わらない。今回は結果を出すことは出来ませんでしたが必ずまたよい結果を報告できる日が来ると思います。それまで応援よろしくお願いします。今回も沢山の応援ありがとうございました!

image1

Team Report

雨は殆ど降っていなかったが、午前中の雨が路面を濡らしていて、スタートはウェットコンディションとなった。 スタートした小林は雨が降っていないものの、前車が跳ね上げる水しぶきで前方が全く見えないと無線で伝えてきた。1周目は8番手でストレートに戻ってきたが、ペースが安定し始めた8周目には7番手までポジションを回復する。23周目には6番手までポジションを回復したものの、フロントタイヤのグリップが落ちてきたようだ。29周目には雨が降り始めたが、各車がルーティンのピットインを始めたので、高木に交代する31周目までに3番手までポジションを上げる事に成功した。高木は13番手でコースに復帰し、43周目には4番手までポジションを上げる。

57周目にルーティンのピットインを行い、小林にバトンタッチ。ドライタイヤに履き替え、戦列に復帰したが、他車のクラッシュにより、セーフティーカーが導入された。リスタートが切られた63周目には2番手に浮上し、トップの車のペナルティもあり、67周目には何とトップに踊り出る事が出来た。72kgのウェイトを積んでいるARTA CR-Z GTは、今回のレースは非常に難しい戦いになると考えていたが、このようなコンディションが他車との差を縮めてくれたようだ。しかし、68周目に小林はコースアウトをしてしまう。路面にオイルが出ていたようで、他の車も次々とコースアウトしてしまい、2回目のセーフティーカーが導入された。

オイル処理が終わり、74周目にリスタートが切られたが、この時には既にコースは乾ききっており、ARTA CR-Z GTにとっては厳しいコンディションに変化していた。高木に代わる88周目までには10番手までポジションを落としてしまっていた。高木がコースに復帰した時は12番手。懸命に車を走らせたが、なかなかペースが上がらず、ポジションをキープしたまま119周目に小林に交代。13番手でコースに復帰し、小林は何とかポイント圏内まで車を運ぼうとプッシュし続けた。ポジションをひとつ上げる事に成功したが、2回のセーフティーカー導入の影響でタイムレースとなってしまい、時間切れでポイント獲得は出来なかった。しかし、ウェイトを72kgも積んだレースで途中トップを走る事は想像もしていなかったので、次回のレースも上位争いが期待出来る内容の濃いレースとなった。