Report

2016 Rd5 FUJI

8.6-7 / 富士スピードウェイ


Other Races

第3_8戦MOTEGI

image1

スーパーGT第5戦富士優勝しました!
前回のSUGOでは残念な結果に終わってしまいましたが、今回の富士は優勝争い出来るだろうと思っていましたし、ここで勝たないと勝てないかもしれない、そんな気持ちで臨んだ富士でした。 結果的にみるとポールトゥウィン、しかも全セッショントップタイム+レース中のファステストと完全勝利でした。 しかし2位との差は僅か0.106秒。 決勝中は水温の上昇などもあり決して万全とは言い難い状況で速さでは完全に21号車に後れを取っていたと思います。 そんな中でも勝てたのはスタートからトップを明け渡さず粘り強く走ってくれた高木さんと素早いピットでコースに送り出してくれたチームのおかげです。 最後の辛い時でも常に無線を飛ばして情報をくれた事も勝利につながりました。 本当にチームプレーで勝ち取った勝利だと思います。 最後まで安定したパフォーマンスを発揮してくれたブリヂストンのタイヤにも本当に感謝です。 そしてずっとサポートしてくれているオートバックスさんと最後まで応援してくれたファンの皆さんに優勝の報告が出来ることが本当にうれしいです! ありがとう!

image1

今回の優勝でランキングもトップに浮上しました。 ウェイトがかなりのったので鈴鹿は苦戦する気がしますが、残り4戦1レースも落とすことなく走り切って悲願のシリーズチャンピオンを獲得できるよう頑張ります! これからも応援よろしくお願いいたします。

Team Report

第7戦を終えた時点でARTA BMW M6 GT3はトップと6点差の3位で最終ラウンドを迎える事になった。残り2戦で逆転してチャンピオンを獲得出来る可能性があるだけにここでポイントを稼いでおきたい。ツインリンクもてぎは世界一ブレーキに厳しいサーキットと言われており、重量があるGT3勢にとっては厳しい戦いになるが、何とか上位に食い込み、大量得点を獲得してチャンピオンを引き寄せたい。天候は晴れていたものの、昨晩の雨でコースはウェットコンディションだった。セッション終盤に路面が乾く事が予想されたが、赤旗が出る可能性やトラフィックも想定してチームは早いタイミングでアタックする事にした。小林崇志は柔らかめのタイヤでアタック。セッション終盤は混乱も無く、路面が乾き始めていたので、硬めのタイヤに履き替えて再アタック。タイヤのコンディションは非常に良く、上位を狙える手応えもあったが、トラフィックに引っかかってしまい、9番手のポジションで予選を終えた。決勝は完全なドライコンディション。今週末はどのチームもドライコンディションで走っていないので、データが無い状態でのスタートとなった。スタートドライバーは高木真一。高木はポジションをキープしたまま1コーナーを通過。激しくポジション争いをしている時に後方で他車がコースアウト。セーフティーカーが入る事になった。高木はちょうどその時、ダウンヒルストレートエンドに差し掛かっており、イエローフラッグも振られていたのでスピードを緩めたが、90°コーナーの立ち上がりで車をスライドさせてしまった。車は激しくクラッシュしてしまい、残念なりタイヤとなってしまった。トラクションコントロールが装着されているBMW M6 GT3だが、スライドしてしまった原因を究明している。

Qualify Result

Position No. Machine Driver Time
1 55 ARTA BMW M6 GT3 高木 真一/小林 崇志 1'37.545
2 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS R・ライアン/藤井 誠暢 1'37.889
3 51 JMS LMcorsa 488 GT3 都筑 晶裕/新田 守男 1'37.908
Race Result

Position No. Machine Driver Time
1 55 ARTA BMW M6 GT3 高木 真一/小林 崇志 1:52'46.623
2 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS R・ライアン/藤井 誠暢 +0.106
3 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人/山内 英輝 +10.762
RANKING

Ranking No. Machine Driver Point
1 55 ARTA BMW M6 GT3 高木 真一/小林 崇志 37
2 25 TOYOTA 86 MC 土屋 武士/松井 孝允 33
3 3 B-MAX NDDP GT-R 星野 一樹/Y・マーデンボロー 32
  • twitter
  • instgram