Report

2017 Rd2 FUJI

5.3-4 / 富士スピードウェイト


Other Races

Rd.2 FUJI

image1

スーパーGT第2戦富士500kmがGW初日となる5月3日、4日に行われた。予選決勝共に天候に恵まれ、開幕戦でレースが出来なかった分チーム一丸となってレースに挑んだ。予選Q1は野尻選手がスタートドライバーを務め、上位のレクサス勢に食い込むタイムを叩き出しホンダ勢唯一となるQ1を5番手で突破した。Q2では小林が500クラス久々の予選アタックをし、8番手につけ決勝を迎えることになった。決勝は野尻選手がスタートドライバー。富士は500km110周と長丁場のレース。パレードラップを終え定刻通り14時10分にスタートした。スタートは大きなトラブルもなくそのままのポジションでオープニングラップを終えたが、その後1つポジションを下げ9番手を走行。

image1

途中ボンネットが少し浮くトラブルがあったが、大きなトラブルにはならず27周目のピットイン時に修理を行いそのまま小林にドライバーチェンジをし、14番手でコースに復帰した。全車ピットイン後は9番手となり前の17号車を追う展開となったが、コース上にあるタイヤカスを拾ってしまうピックアップもありなかなかペースが上がらず苦しいレース展開となっていった。レース中盤にはピックアップもなくなりマシンのバランスもよくなり、小林は17号車との差を縮めていったが、ポジションを上げるまでには至らずレース終盤に差し掛かる67周目に40周の走行を終えた小林がピットに戻りドライバーチェンジ。野尻選手はハイペースで走行し17号車との差が徐々に縮まっていったが、追い越してポジションを上げることはできず9番手でチェッカーフラッグを受けフィニッシュした。

Qualify Result

Position No. Machine Driver Time
1 38 ZENT CERUMO LC500 立川/石浦 1'27.825
2 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田/クインタレッリ 1'28.168
3 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋/カルダレッリ 1'28.217
8 8 ARTA NSX-GT 野尻/小林 1'29.088
Race Result

Position No. Machine Driver Time
1 38 ZENT CERUMO LC500 立川/石浦 2:52'28.925
2 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋/カルダレッリ +4.797
3 37 KeePer TOM'S LC500 平川/キャシディ +25.196
9 8 ARTA NSX-GT 野尻/小林 +1'11.115
RANKING

Ranking No. Machine Driver Point
1 37 KeePer TOM'S LC500 平川/キャシディ 31
2 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋/カルダレッリ 30
3 38 ZENT CERUMO LC500 立川/石浦 29
12 8 ARTA NSX-GT 野尻/小林 3
  • twitter
  • instgram