Report

2017 Rd3 AUTOPOLIS

5.20-21 / オートポリス


Other Races

Rd3.AUTOPOLIS

image1

昨年、震災の影響で開催ができなかった熊本 オートポリスが5月20日・21日にスーパーGT第3戦として行われた。
2年ぶりとなるオートポリスでチーム、ドライバー、マシン共に気合十分に挑んだ。

20日フリー走行・予選。朝のフリー走行で、小林は予選に向けたマシンセットで走行しポールポジションも狙える好タイムを叩き出していた。この勢いで予選Q1は小林がスタートドライバーを務めた。
6kgのウェイトハンデがある中、Q1残り6分でコースインをし、タイヤ暖める周回を終えアタックを開始した。しかし、前を走るマシンに引っかかってしまいこの周回はタイムを出すことはできなかった。次のアタック周回をしていたが前方で他のマシンがコースアウトしてイエローフラッグが振られてしまった為、満足のいくアタックができず結局その周回で出した1タイムではQ2に進出することができず決勝は14番手スタートになった。
ただ、小林はマシンのバランスが非常に良い手応えを感じており、決勝は後ろからのスタートだが、上位に食い込めるポテンシャルはあると見ていた。

image1

21日決勝はポジションを1つでも上げる為、新しいマシンセットをチームは試した。しかし、野尻選手がウォームアップ走行をしている途中、電気系統トラブルで止まってしまいスタートまでには走行ができる状態になったが、グリッドには着くことができずピットスタートになった。
スタートドライバーは小林が務め、500クラスそして300クラスがスタートをした後にスタートを切った。
300クラスの集団を追い抜いていく形の難しいレースになったが慎重に周回を重ねていた中、3週目の最終コーナー手前で300クラスのマシンに後部を接触されてしまいスピン。そこに他のマシンが突っ込む形でぶつかり走行することができなくなってしまった。
2年ぶりのオートポリスは、富士に続いてポイント獲得を狙っていただけに悔しいレースとなってしまった。

Qualify Result

Position No. Machine Driver Time
1 100 RAYBRIG NSX-GT 山本/伊沢 1'33.740
2 6 S Road CRAFTSPORTS GT-R 本山/千代 1'34.331
3 37 DENSO KOBELCO SARD LC500 コバライネン/平手 1'34.749
8 14 ARTA NSX-GT 野尻/小林 1'29.088
Race Result

Position No. Machine Driver Time
1 36 au TOM'S LC500 中嶋/ロシター 1:59'56.800
2 17 KEIHIN NSX-GT 塚越/小暮 +26.592
3 100 RAYBRIG NSX-GT 山本/伊沢 +26.756
DNF 8 ARTA NSX-GT 野尻/小林 -
RANKING

Ranking No. Machine Driver Point
1 37 KeePer TOM'S LC500 平川/キャシディ 72
2 36 au TOM'S LC500 J・ロシター 64
3 38 ZENT CERUMO LC500 立川/石浦 60
16 8 ARTA NSX-GT 野尻/小林 3
  • twitter
  • instgram