Report

2017 Rd4 SUGO

7.22-23 / スポーツランドSUGO


Other Races

Rd4.SUGO

image1

2017 AUTOBACS SUPER GT第4戦『SUGO GT 300km RACE』が7月22日・23日にスポーツランドSUGOで行われた。前戦のオートポリスからここ菅生でのテストなどを経てマシンの状態は確実によくなってきており、優勝を狙える十分なスピードがある小林は4戦に挑んだ。
22日予選のQ1アタックは小林。
朝から天気が良かった菅生だが予選開始前に雨が降り出した。しかし、GT500クラスの予選では雨も上がりドライコンディションでQ1に挑むことができた。
小林は各マシンがアタックをしていく中で、タイミングを見計らいながらアタックを開始した。
その時点のトップが1分12秒台記録をしている最中、小林はS1、S2、S3ともにタイム縮め1分11秒台を叩き出しトップに躍り出た。そのタイムはそのまま破られることなく、Q1をトップで通過した。
Q2は野尻選手をチームと見守る中、各マシンが次々にアタックしていく。野尻選手はQ2終了間際に唯一1分10秒台を記録し決勝をポールポジションで迎えることができた。やはりマシンの状態は非常によく、今回のポールは前回とはまた違った意味を持つポールポジションとなった。

image1

23日決勝は野尻選手がスタートドライバー。
スタート前は雨が降ったり止んだりとタイヤチョイスに悩ましい天気だったが、雨が降り続きそうだったのでウェットタイヤを履きポールポジションからのスタートを切った。
序盤はペースがなかなか上がらず3位まで順位を落としてしまったが、タイヤが温まれば十分に挽回できるペースでの走行だった。しかし、16周目300クラスを追い抜こうとした時にスピンしてしまい10番手まで後退してしまった。
幸いマシンとドライバーにはトラブルがなくその後、前のマシンとの差を1周1秒以上縮める走行で7番手まで順位を上げてきたがレース中盤、最終コーナーで他車がクラッシュしSC(セーフティカー)が入ることになってしまった。
この時には路面も乾いてきていたのでタイヤとドライバーチェンジをSC明けにする作戦をチームはたて、小林は野尻選手が戻ってくるのを待った。
SCがピットに戻り続いて野尻選手もピットに入り小林にドライバーチェンジをした。
小林はタイヤを温めつつ、まだピットに入っていないトップ勢の様子を見ていた。その時、不運にも高木選手が乗るARTA BMW M6 GT3が1コーナーでクラッシュ。それとほぼ同時に最終コーナーでもクラッシュがあり、再度SCが入ることとなってしまった。この度重なるSCの導入のタイミングが悪く、小林は周回遅れになり優勝争いからは脱落してしまった。
しかし、まだ3位で表彰台を狙うことはできた。順位は5番手。小林は前を走る16号車よりも1秒も早いスピードで走行し、58周目16号車を抜き4番手に順位を上げた。小林の集中力とマシンのいい状態は変わらず、あとは3番手を走る6号車を抜けば表彰台というところまできた時に優勝争いをする1号車と46号車が後方に迫ってきた。そして遂にブルーフラッグを振られてしまった。スローダウンを余儀なくされ、その隙に23号車に追いつかれ抜かれてしまい5番手となり、そのままフィニッシュとなった。
表彰台に今回は上がることができなかったが、マシンのバランスも好調なので今度は優勝を目指して挑んでいく。

Qualify Result

Position No. Machine Driver Time
1 8 ARTA NSX-GT 野尻/小林 1'10.915
2 100 RAYBRIG NSX-GT 山本/伊沢 1'11.469
3 17 KEIHIN NSX-GT 塚越/小暮 1'11.491
Race Result

Position No. Machine Driver Time
1 1 DENSO KOBELCO SARD LC500 コバライネン/平手 2:09'13.878
2 46 S Road CRAFTSPORTS GT-R 本山/千代 +1.022
3 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋/カルダレッリ +1Lap
5 8 ARTA NSX-GT 野尻/小林 +1Lap
RANKING

Ranking No. Machine Driver Point
1 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋/カルダレッリ 41
2 37 KeePer TOM'S LC500 平川/キャシディ 37
3 36 au TOM'S LC500 J・ロシター 36
10 8 ARTA NSX-GT 野尻/小林 10
  • twitter
  • instgram